デッキシューズのメンズコーデは【3つの法則】さえ守れば完ぺき

メンズ デッキシューズ 冬 コーデ 画像

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

今日はデッキシューズを取り上げます。

 

デッキシューズといえば、

くるぶしが見える様なデザインのため、

どうしても冬に履くイメージはありません。

 

春夏、良くて秋と、

気温が多少なりとも温かい季節向きです。

 

 

もちろん敢えて冬に履く人もいますし、

ギャップでオシャレに魅せている人もいます。

rp_57ad70c65b92507a7308644b3e831240_s-300x200.jpg

デザインは非常にオシャレですし、

光沢感も出せるのが強み。

 

同じ様な靴にスリッポンがあるますが、

デッキシューズにこだわる人も多いのです。

 

 

いずれにせよ確実に1つ言えるのは、

デッキシューズを履くには「あるポイント」を必ず抑えて下さい。

 

このポイントを抑えなければ、

一気にダサいコーデに変身してしまいます。

 

この記事ではデッキシューズのオシャレコーデ。

絶対に守って欲しい3つの法則をお伝えします。

 

デッキシューズのメンズコーデ3つの法則

rp_0c594ea099666d419dc1eace6aa14953_s-300x200.jpg

まず1つ目は冬に履く人向け。

法則その1は、「冬に素足を見せないこと」です。

 

デッキシューズといえば、

くるぶしから上が丸見え。

 

ズボンをロールアップしたり、

靴下を履かなかったりと、

あえて露出するのがオシャレです。

 

ところが冬にこれをやれば

季節感も何もありません。

 

何より自分が寒いですし、

周りが見てても寒気がします。

 

「何か季節にマッチしてないよね」

最悪の評判につながるのです。

メンズ スキニー きもい 画像

冬にデッキシューズを履くなら、

以下の写真の様に肌を見せないこと。

これが鉄則です。

⇒写真はこちら!

 

なお、以下の写真の様に長い靴下を履き、

靴下をチラ見せするのもオススメです。

 

冬ならではの組み合わせなので、

試してみてください!

⇒写真はこちら!

テーラードジャケットとの相性が抜群!

スポンサードリンク

法則その2。

それは、テーラードジャケットとです。

 

高級感あるデザインが

デッキシューズの特徴。

 

夏場は重ね着を意識しなくても良いですが、

春秋冬であればテーラードジャケットが相性抜群です!

 

 

テーラードジャケットならば、

大人っぽい雰囲気を演出できます。

 

靴下を履いても違和感はないですし、

デッキシューズだからこそのコーデと言えますね。

⇒写真はこちら!

 

テーラードジャケットの上に

トレンチコートなんて着れば、

一瞬で高級感あふれるコーデになります。

カジュアルよりもフォーマル

メンズブルゾン 秋 コーデ 女子ウケ 画像

デッキシューズを履くなら、

キレイ目コーデが相性抜群です。

 

ミリタリー系等ストリート系との相性は

そこまで良くありません。

 

コートやテーラードジャケット等、

大人っぽさを演出するアウターとは

オシャレにマッチします。

 

できる限り肌の露出は抑えたいので、

ストリート系だと逆行してしまうんですよね。

 

これが、3つ目の法則です。

rp_d2021656170070efac579c9b3b0b6b1a_s-300x200.jpg

私なら夏以外ならテーラードジャケットに合わせ、

長い靴下を履いて足下もアピールします。

 

靴下はボーダーの赤系にして、

注目が集まる様に組み合わせます。

 

夏場は素足で履けますし、

短パンにシャツを合わせてもオシャレに見えてしまうデッキシューズ。

 

ですが細部までこだわることで、

他の人と差別化をはかることだって可能なのです。

ぜひ、あなたなりのコーデを見つけて下さい!

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒デッキシューズおしゃれコーデの鉄則は【ロールアップ】

⇒メンズスリッポンで差がつくコーデは【靴下の選び方】にあった!

⇒ポロシャツの今風おしゃれコーデ【絶対失敗しないポイントはこれ】

⇒【ユニクロのクールビズ】シャツもスラックスも完ぺきコーデ!

⇒【実は間違ってる!?】男のワックスの付け方NG3選

 

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ