【制服ブレザーでもオシャレ!】高校生が今すぐできる3つのコツ

高校生 制服 ブレザー オシャレ 画像

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

今日はブレザーについてお伝えします。

 

私の高校時代もブレザーでしたし、

最近は学ランよりもブレザーが主流かもしれません。

 

学ランに比べて柔らかい印象ですし、

かなりオシャレのしやすい服装だと言えます。

⇒写真はこちら!

 

ただし、中学時代は学ランだった人が多く、

「どうやって着こなせば良いの?」

困ってしまうケースが非常に多いのです。

 

私も高校1年生の最初は戸惑い、

雑誌やネットを見て情報収集していました。

 

でも、ブレザーを着こなすのは難しくない。

むしろオシャレをアピールしやすい制服です。

 

この記事ではブレザーをオシャレに着るために

知って欲しい「3つのコツ」を解説します。

 

この3つさえ意識していれば、

誰でもオシャレにブレザーを着こなせます。

その1:カーディガンとネクタイで勝負!

rp_38be3ae592cfbc2a4362cdad84dafcff_s-300x2001-300x200-300x200.jpg

ブレザーは胸元が広く開いており、

シャツの部分が見えやすくなっています。

 

裏を返せばインナーでアピールしやすいのです。

 

ただ、ほとんどの高校では

ワイシャツの色まで変えることはできません。

 

それに高校生であれば

白シャツが一番かっこ良いです。

 

むしろポイントはカーディガンとネクタイ。

これらのアイテムをどうするかです。

 

夏以外であればカーディガンは

いつ着ていても変じゃありません。

⇒写真はこちら!

 

高校指定のカーディガンは別ですが、

自分でカーディガンを変える場合は、

積極的に身につけることをオススメします。

 

特にオシャレな女子も着ますし、

付き合えばおそろいのカーディガンを着るのも良いですね!

⇒グレーが定番?他の色もOK?男子高校生のカーディガンはこれを選べ

⇒【これなら失敗しない】高校の制服に合うカーディガンを解説!

rp_a4c0a0e32bbd6fb7fe46a6695398d5ed_s-300x2001-300x200.jpg

また、ネクタイも同様にオススメ。

学ランに比べて露出も多いので、

ネクタイで個性をアピールできますよ。

 

カーディガンに比べると、

ネクタイの方が高校で指定されていることが多い。

 

そのため個性を出しにくいのですが、

結び方を意識するだけでもオシャレに気を配れます。

 

詳しくは以下の記事でまとめたので、

参考にしてみてください!

⇒【誰でも1分でできる!】中学高校生のネクタイの結び方を解説!

 

なお、冬になるとマフラーを巻くのもオシャレ。

首もとにボリュームを持たせることで、

全体のバランスも良くなります。

⇒女子ウケアップ!男子高校生がマフラーをオシャレにするコツ!

その2:制服は着崩すな!

スポンサードリンク

学ランだと腰パンをしたり、

あるいは制服の一部を改造したりと、

個性をアピールする人が一部ではいます。

 

ですがブレザーはそのまま着るのがオシャレ。

 

時代の流行もキレイ目コーデであり、

いかに「そのまま」着れるかが大事。

ガチャガチャした服装はウケないのです。

 

着崩すと男子はまだ良いですが、

女子ウケは最悪になります。

 

モテたくないなら別ですが、

高校で恋愛したいならオススメしません。

その3:パーカーの重ね着はオシャレ!

高校 制服 カーディガン 画像

こちらの記事でも紹介していますが、

制服にパーカーはオシャレです。

 

ブレザーであってもパーカーは着れますし、

明るめの色を入れると印象も変わります。

⇒【誰でもできる】男子高校生が学校の制服にパーカーを着る成功法則

 

一部のオシャレ女子は1年の秋頃から

さっそく取り入れ始めますし、

「この人オシャレわかってるんだな」と好印象を持たれますよ。

 

ブレザーを着こなす上では、絶対に外せませんね!

⇒写真はこちら!

校則は守ろう!

カーディガン 毛 抜ける 防ぐ 方法 画像

ここまでのコツさえ抑えれば、

誰でもオシャレにブレザーを着こなせます。

 

ただし、「校則は守って下さい」

 

校則違反でオシャレしてても、

周りからの反応は今イチです。

 

「ルールも守れない男子ってダサい」

意外と女子は心の中で思っています。

 

今回紹介した3つのコツも、

校則を破らないこと前提に活かしてくださいね!

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ