【実際に履いて検証】GUの靴が痛い!?何ヶ月持つのか?

こんにちは、ユウキです。

今日はGUに注目します。

 

ユニクロに比べてGUの方がトレンドを取り入れており、

ファストファッションとしての地位を確立しています。

 

ユニクロより物持ちは良くないものの、

トレンド感を出して着回していきたいなら、

GUはオススメです。

 

「GUは安いだけ」という評判は過去のもの。

節約志向もありますので、

高いブランドものの服を買うよりも、

安くてもオシャレな服を手に入れたいと思う人が増えています。

 

また、オシャレにそこまで気を遣っていなくても、

例えば旦那の私服を買う時にGUを訪れる奥さんも結構います。

 

幅広い年代で重宝しているのがGUだと言えますね。

 

 

ちなみに私の友人にファッションコンサルタントがいるのですが、

友人も「ブランドものの服にGUを混ぜながらスタイリングしていく」と言ってました。

 

もちろんブロンド志向の人は別ですが、

予算に限りがある中で上手くGUを使ってオシャレ感を出していく様です。

GUの靴が痛い??実際に履いて検証!

スポンサードリンク

さて、今回取り上げるのはGUの靴について。

かなり幅広くオシャレな靴が取り揃えられていますよね。

 

ですが「GUの靴は履くと痛いのでは?」という評判が、

あちらこちらで立っているのです。

 

確かにGUは靴の専門店ではないですし、

「安かろう悪かろう」ではないかと疑いたくなる気持ちもわかります。

 

実際私も抵抗がありましたが、

「この際自分で試してみて、実態をブログで公開しよう!」と思い立ち、

GUで靴を買ってみました!

 

2017年4月に白いスニーカーを購入。

税抜で1990円でした。

 

「この値段なら失敗しても痛くないかな…」と思います。

 

9ヶ月履けました!

結論から言うと、2017年12月まで履くことができました!

購入時から9ヶ月ですね。

 

平日は仕事なので、土日で外に出る時は基本的にこのスニーカーを履く様にしました。

 

「12月まで履くことができた」と言い切る根拠ですが、

靴底に穴が空いてしまい、雨水が靴下に染みる様になったのが12月でした。

さすがに雨水が染みながらスニーカーを履きたくないですからね…

 

ちなみに捨てる直前のスニーカーがこちら。

白の靴なので、多少汚れが目立っていますよね。

 

 

 

とはいえ、汚れ始めはティッシュを濡らして拭き取れば、

問題なく汚れはとれました。

 

そして先ほどお伝えした通り、

靴底には穴が空いてしまいました…

 

 

GUの靴は痛いのか?

 

では実際問題、GUの靴は痛いのかどうか。

 

まず履き始めですが、

多少の靴ずれは発生しました。

 

ただ靴ずれはどの靴でも最初に起こるので、

これは許容範囲かなと思います。

 

そしてその後歩いていても、

他の靴と比べて明らかに「痛い!」とは感じませんでした。

靴底も普通に厚く、クッション性もまぁありました。

 

ただしクッション性を普段から重視されているのであれば、

「痛いかも」と感じる可能性は否定できません。

 

痛さを感じ始めたのは11月になってから。

履き始めて8ヶ月目です。

 

その頃になると靴底がだいぶ摩耗しており、

地面に当たる衝撃で痛かったのかなと感じています。

9ヶ月をどう見るか?

スポンサードリンク

長いか短いか。

これは個人差があります。

 

普通の靴で9ヶ月だと、「短い!」と思いますが、

GUはファストファッションなので、

服にしても1年着れれば十分です。

 

「9ヶ月はよく持った方」だと個人的には感じています。

 

また、今回の実験では同じ靴を履き続けました。

複数の靴をローテーションすれば、

もう少し長く持つかもしれません。

 

痛みに関しては靴底が摩耗して来ると感じますが、

他の靴と比べてものすごく痛いとは感じませんでした。

 

今回はスニーカーで実験したので、

他の靴ではどうなのかを、引き続き実験したいと思います!

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【ユニクロのスカンツコーデ】男子目線でもオシャレなのはこれ!

⇒【GUのスカンツおしゃれコーデ】男子ウケも抜群のかわいい着こなし

⇒ユニクロのガウチョパンツおしゃれコーデ【男子ウケも抜群】

⇒【ユニクロ発】ジョガーパンツおしゃれコーデ!絶対失敗しない

⇒【Manhattan Portageの女子向けメッセンジャー】男子ウケも良いのはこれ!

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ