【画像で解説!】就活の私服面接で絶対失敗しない靴とは!?

就活 私服 面接 靴 画像

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

 

これまで就活に関する

記事を書いてきました。

 

このサイトは服装を中心に扱っており、

就活の服装で悩みがちなポイントを

まとめて解説しています。

 

 

そして就活の服装で一番悩むのが、

「私服面接」です。

 

「私服でお越しください」

と事前に案内があって

スーツで行くのは確かに無難なのですが、

企業によっては本当に私服で来ることを

求めている場合があります。

 

そうした企業ではスーツで行けば

逆に評価を落とすので、

 

就活という場に適した私服で

臨む必要があります。

※普段着で行くのは

 どう考えても相手に失礼ですからね。

 

社会人として働く上で失礼のない服装。

学生の段階でこれを考えるのは

相当大変だと思います。

 

特に靴については普段はき慣れてなければ、

私服面接のために買わなければいけない

かもしれません。

 

この記事では私服面接において、

絶対に失敗しない靴を解説します。

画像つきで解説!

就活 コート 脱ぐ タイミング 画像

まず、絶対にやってはいけないのが

スニーカーです。

 

友達と遊ぶ感覚で面接に行けば

それだけでアウト。

社会人として働いても

恥ずかしくない靴が絶対条件です。

 

その上で、まず失敗することがないのが

以下の写真の様なブーツです。

 

メーカーによって呼び方はさまざまですが、

「レザーブーツ」という呼び方が普通です。

⇒写真はこちら!

⇒写真はこちら!

 

非常にスタイリッシュなデザインで、

必要以上に個性を主張しすぎません。

 

社会人になっても履き続けられますし、

実際に履いている人は多いです。

8be5b584236f1c1943296befa2702767_s

まだ働いてない就活生ですので、

高価な靴には手が出ないでしょう。

オシャレな革靴なんて、まず無理ですよね。

 

ただ、レザーブーツなら、

5000円〜10000円あれば、

そこそこ良いものは買えます。

 

もちろん、普段着としても使えるので

コーデの幅が広がりますね。

 

色については赤など

派手すぎるものを避けてもらえたら、

後は何色でも大丈夫でしょう。

 

ベージュ、紺、グレー、ブラック…

どれも働くうえでは失礼のない色です。

 

※以下の写真が、

 私服面接に臨む服装のイメージです。

 テーラードジャケットが鉄板ですね。

⇒写真はこちら!

事前のお手入れは必須!

スポンサードリンク

そしてこれは忘れられがちなのですが、

靴は必ず前日までに磨いてください。

 

普通の革靴だとちゃんと磨くのですが、

私服ということでつい

気が抜けてしまうケースが多いのです。

 

今回紹介したレザーブーツを履けば

まずネガティブな評価を受けません。

ただし、靴が汚れていれば話は別です。

 

前日はもちろん、企業に入る前には

ポケットティッシュで泥を落とすなど、

細心の注意を払ってくださいね。

 

今回紹介した内容さえ意識すれば、

私服面接の服装も完ぺきです。

 

あとは話す内容に集中して、

アピールしてきてください!

スポンサードリンク

◆就活関連記事はこちら!

⇒絶対お祈りメール?就活ワイシャツに

 ストライプがNGな3つの理由

⇒条件付きでOK!就活に半袖ワイシャツを

 着る方法を解説!

⇒気づかずやってしまうとアウト!

 就活のネクタイNG集を大公開!

⇒評価が下がる!?就活の靴のつま先が

 とがっているのはNG?

⇒アピール失敗も!?就活の

 赤ネクタイを使う企業・面接を解説!

⇒実は見られてます!就活で柄物の

 靴下をはいたらアウト!

⇒3分で解説!就活の靴下の色で

 失敗しないココダケの話

⇒失敗しない!就活の証明写真での

 スーツの色や柄は何が正解?

⇒選考に影響するの?クールビズでの

 就活ノーネクタイはOKか?

⇒実は差がつくポイント!夏の就活面接に

 私服で参加するコツとは!

⇒逆に迷惑に!?就活生にプレゼントする

 ネクタイの成功法則とは

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ