【さりげなくオシャレに】結婚式はスーツにチーフが二重マル

結婚式 スーツ 男 チーフ 画像

こんにちは、ユウキです。

今日は結婚式のオシャレを解説します。

 

結婚式の主役は新郎新婦。

これは間違いありません。

 

ですが参加者は黒のスーツでは、

どうにも華やかさに欠けます。

 

もちろん黒のスーツでも良いんですが、

普段とは違ったオシャレをすれば、

お祝いの日に花を添えられます。

 

それにあなた自身のオシャレさを

参加者にアピールできます。

 

結婚式で男性がオシャレアピールする。

もうチーフ以外ありません。

 

チーフを胸ポケットから少し出す。

このさりげなさがオシャレアピールになります。

オシャレチーフはこの色だ!

スポンサードリンク

チーフの色はあなたらしさを踏まえ、

派手にしたって良いのです。

 

たとえば以下の写真の様に、

ネクタイの柄と合わせてもオシャレです。

⇒写真はこちら!

⇒写真はこちら!

 

ネクタイとセットで売られていますし、

どんなチーフにしたら良いか、

まったくイメージが湧かない人は、

まずはこの方法を試してみてください。

 

あるいは以下の写真の様に、

あえて明るめな色を差し込めば、

結婚式の雰囲気を一層盛り上げます。

⇒写真はこちら!

⇒写真はこちら!

 

普段はこんな明るい色を使わなくても、

差し色程度なら全然OKです。

 

胸元で明るい雰囲気が出るので、

顔全体も明るく見える効果があります。

なぜチーフを敬遠するのか

結婚式 服装 メンズ テーラードジャケット 画像

意外なことに多くの男性が、

結婚式でのチーフを敬遠します。

 

…いや、言葉を変えれば、

「やろうと思ったけどやめた」

という人が多いのです。

 

仕事でチーフをする場面など、

ほとんどありません。

もちろん学生時代を振り返っても、

チーフなんてまず使わないでしょう。

 

そのためいざ結婚式が近づくと、

恥ずかしさが押し寄せてくるのです。

スポンサードリンク

「式で浮いちゃうんじゃないかな?」

「どうせ似合わないだろうし…」

 

これは大きな間違いです。

 

そもそもお祝いの場でのチーフは、

海外であれば普通に見られる光景。

お祝いするために彩りを加えるのは、

むしろ喜ばれるのです。

 

紳士服売り場にも普通に置いていますし、

迷うくらいなら身に着けた方が得です。

チーフの入れ方は?

8be5b584236f1c1943296befa2702767_s

最後にチーフの入れ方ですが、

こちらのサイトにまとまっています。

 

基本的にこのサイトの方法をやれば、

まず間違いないでしょう。

 

個人的にはパフやクラッシュが、

結婚式の場では似合うと感じています。

 

ぜひ、チーフを身にまとって、

オシャレに結婚式に臨んでくださいね!

スポンサードリンク

★結婚式ファッションならこの記事もオススメ!★

⇒知らないと恥ずかしい…結婚式の二次会にブルゾンを着るなんてww

⇒結婚式二次会の服装にテーラードジャケットってアリなの?

⇒バーバリーのネクタイを結婚式でするならこれだけは知っとけ!

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ