ちょっと待って!就活に水色のネクタイを選んではダメな理由

就活 ネクタイ 水色 画像

こんにちは、ユウキです。

 

以前の記事でも、

就活の服装について解説しました。

 

特にネクタイについては、

数少ない個性をアピールできるアイテム。

色ごとに解説記事をまとめています。

 

今回は水色のネクタイに注目しますが…

タイトルにある様に、就活で水色の

ネクタイを使うのはオススメできません。

水色はどう見られるのか?

スポンサードリンク

水色のネクタイを身に着けている

以下の写真を見てください。

⇒写真はこちら!

 

確かに一見すると、水色のネクタイを

就活生が身に着けると

さわやかな印象を与えられそうです。

 

事実、色彩心理の分野で水色は、

「若さ、さわやかさ、自由さ、冷静さ」

などを表現しており、就活生にはプラスに

働きそうな言葉が並んでいます。

 

でも、ちょっと待ってください。

まだ社会人になっていない

就活生が水色のネクタイをすると、

どこか派手に見えませんか?

 

確かにオシャレではあるのですが、

水色が明るすぎることもあり、

「どこか浮いた気持ちがあるんじゃないか」

と疑われてしまいます。

 

面接で水色のネクタイをしてくると、

どうしても面接官はネクタイに注目します。

 

就活においては「派手な色」なので、

あなたの話とは関係のない所に

注目がいってしまいます。

rp_4026da04ec93822872125b66ba511790_s-200x300.jpg

担当者のことを想像すると…

私の友達に企業で採用担当を

している人がいます。

 

ちょうど先日話すことがあったので、

水色のネクタイにの疑問をしました。

すると彼はこんなことを言っていました。

スポンサードリンク

「確かに、水色のネクタイは

 絶対NGではないけど、

 個人的には避けた方が良いな。

 

 面接官は企業の部課長、

 あるいは役員クラス。

 就活生とは2倍近く

 年齢が離れている場合もある。

 

 企業や部署の風土やその人の好み

 にもよってくるけど、

 堅めの風土や性格の場合は、

 水色のネクタイを身に着けていると

 評価を下げるかもね。

 

面接官とは一度きり。

ほんの数十分しか話せません。

 

あなたを100%知ってもらうのは無理ですし、

見た目印象も選考に十分影響を与えます。

 

それを考えるなら、

明るめの色は好みが分かれやすいので、

水色のネクタイは避けた方が無難です。

 

ただ、どうしても

さわやかさをアピールしたいなら、

青や紺など、同じような色合いで

少し落ち着いたものならOKです。

 

ネクタイだけで評価が

変わってしまうのはもったいないです。

 

無難な色のネクタイに落ち着けることで、

あなた自身のことを見てもらえますよ。

 

 

スポンサードリンク

◆就活関連記事はこちら!

⇒アピール失敗も!?就活の

 赤ネクタイを使う企業・面接を解説!

⇒絶対お祈りメール?就活ワイシャツに

 ストライプがNGな3つの理由

⇒条件付きでOK!就活に半袖ワイシャツを

 着る方法を解説!

⇒気づかずやってしまうとアウト!

 就活のネクタイNG集を大公開!

⇒評価が下がる!?就活の靴のつま先が

 とがっているのはNG?

⇒実は見られてます!就活で柄物の

 靴下をはいたらアウト!

⇒3分で解説!就活の靴下の色で

 失敗しないココダケの話

⇒失敗しない!就活の証明写真での

 スーツの色や柄は何が正解?

⇒選考に影響するの?クールビズでの

 就活ノーネクタイはOKか?

⇒実は差がつくポイント!夏の就活面接に

 私服で参加するコツとは!

⇒逆に迷惑に!?就活生にプレゼントする

 ネクタイの成功法則とは

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ