みんな服にいくらかけてる?男子大学生のおサイフ事情!

男 大学生 服 いくら 画像

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

 

大学生になると私服にお金を

かけるようになるのですが、

毎月の収入はほとんど決まっています。

 

無制限にお金をかけられないので、

「いかに安く、いかに着まわせるか」

これががキーワードになってきます。

⇒ダサくてもオシャレになれる!
「笑われ…」「フラれ…」 ユウキがオシャレになるまでの道のりを見てみる

 

ただし、安さばかりに注目すれば、

その分質が悪い服ばかりになってしまい、

すぐにダメになってしまいます。

 

できるだけ長持ちさせる方法も

あるにはあるのですが、

良質な服を買うのに

越したことはありませんよね。

 

そこで今回の記事では、

大学生が服にいくらかけているのか

これをを調査していきます。

月に1万円以上はかけない。

スポンサードリンク

こちらのサイトに、男子大学生が

服にいくらかけているのか、

アンケート調査の結果がのっています。

 

すると、大半の学生が

月に1万円以下という結果になりました。

 

地域によって差はあるものの、

大学生活と並行して稼げる

バイト代には限度があります。

 

一人暮らしなら家賃も

払わないといけないですし、

交通費や交際費、食費だってかかります。

 

こうしてみると、服にかけられるお金って

ものすごく限定されてくるんですよね。

 

またアンケートでは1着の

服にかける金額についても、

3000円代が一番多いという

結論を出しています。

 

冬もののアウターや靴などは

お金がかかるでしょうが、

それ以外の服であれば

安く済ませることもできます。

 

ユニ●ロなどの量販点は

安くて質の良い服が売っています。

私自身もインナーやズボンについては

こうした量販店をフル活用していました。

⇒ユニクロのメンズカットソーの失敗しないコーデ術を解説!

 

何より、オシャレで長持ちする

服が買えるのが強みですよね。

メンズカットソー コスパ 画像 

ただ、流行の最先端を行くような服は、

オシャレな服屋さんに行かないと

なかなか見つかりません。

 

WEGOやチャオパニックなど、

比較的安くオシャレな服が手に入る。

こうしたセレクトショップを

見つけて通っていくことが大事です。

 

ただ、個人的にオススメしないのが古着。

 

アウターならまだしも、

インナーで古着を買ってしまうと、

使用感がありすぎて

長く着れないリスクがあります。

意外と使える雑誌通販!

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_m

私が学生時代によく使っていたのが

雑誌の通販です。

 

試着できないためサイズには

慎重になる必要がありますが、

オシャレで安い、しかも出回っていない

デザインの服がそろえてあります。

 

特にオススメなのが

「サムライイーエルオー」の通販。

 

他の雑誌に比べ服の値段が安く、

大学生に手が届きやすくなっています。

 

また、豊富なデザインも特徴で、

他の人に差をつけることもできますね。

 

使えるお金が限られているからこそ、

頭を使って服を選んでいく。

これが大学生の服選びのポイントですね。

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ