ポロシャツの今風おしゃれコーデ【絶対失敗しないポイントはこれ】

ポロシャツ メンズ コーデ 画像

こんにちは、ユウキです。

今日はポロシャツのおしゃれコーデを取り上げます。

 

夏の定番アイテム。

男女問わずに1着は持っている。

日本の暑い夏はポロシャツ抜きに過ごせませんね。

 

かなりシンプルなアイテムですが、

その分だけ奥が深いんです。

 

何となく着ているだけの人と、

オシャレを意識して着ている人。

違いはひと目見ただけで歴然としています。

 

ここ数年は夏場はもちろん、

5月頃に30度を越す夏日を向かえており、

春先から着ている人も多いんです。

 

この記事では絶対に失敗しない、

今風のポロシャツおしゃれコーデを紹介します!

ポロシャツの今風おしゃれコーデ

スポンサードリンク

まず何といっても外せないのは、

ショートパンツとのコーデでしょう。

 

夏っぽさを全面に出しますし、

ポロシャツの良さを引き立ててくれます。

 

足下はデッキシューズが流行していますが、

個人的にはスリッポンやスニーカーでもOK。

 

あるいはサンダルやクロックスも、

夏になったら相性は良いでしょう。

 

スポーツブランドのスニーカーで攻めるか、

可愛い感じのデザインで攻めるか。

 

最近のトレンドはこの2つですね。

 

オシャレさんはハットをかぶったりしますが、

自信がなければ無理をしなくてもOK。

 

ショートパンツとの組み合わせは、

絶対に1着は持っておいてください!

⇒写真はこちら!

⇒写真はこちら!

タンクトップ メンズ 着こなし 画像

ただ、どうしてもショートパンツを履くのに抵抗がある。

そんな人はジョガーパンツがオススメです。

 

デニムやクロップドパンツだと、

どうしても暑そうに見えてしまいます。

 

また、ムレやすい生地もあり、

夏に履くには適していません。

 

ジョガーパンツだと通気性も良いですし、

最近のトレンドを取り入れておりポイントも高いです。

⇒【ユニクロ発】ジョガーパンツおしゃれコーデ!

ポロシャツの色は明るめが正解!

スポンサードリンク

次にポロシャツの色です。

 

夏っぽさを全面に出すなら、

明るい色が正解です!

 

白系の色をチョイスしたり、

青もオススメですね。

 

できる限り明るい色でまとめると、

爽やかな印象を与えられます。

⇒写真はこちら!

⇒写真はこちら!

春 メンズ スリッポン コーデ 画像

逆に個人的にオススメしないのは、

黒系のポロシャツです。

 

せっかくの夏なのに暗い印象を与えがち。

 

しかも黒は太陽の光を吸収するので、

体感温度が非常に暑く感じやすいのです。

 

無難な色ではありますが、

ポロシャツでは避けた方が良いと思います。

rp_90787cbc0ba3f3f548f203ba46bd4b52_s-300x2001-300x200.jpg

最後にポロシャツのデザインです。

 

無地のポロシャツが一番多く、

確かに無難ではあるのですが、

どこか代わり映えがしない印象。

 

かといって派手なデザインだと、

どうにも浮いてしまいます。

 

一時期はチェックのポロシャツもありましたが、

ブームは過ぎ去った印象もあります。

rp_a4c0a0e32bbd6fb7fe46a6695398d5ed_s-300x2001-300x200-300x200.jpg

そこで個人的にオススメなのが

ドット柄」です。

 

激しく主張しすぎずに、

さりげなくアクセントを加えられる。

 

ポロシャツ1枚での主張できるので、

マンネリ化しそうな夏のコーデに、

良い意味で変化を加えられます。

 

シンプルに決めたいなら小さめのドット。

個性を主張したいなら大きめのドット。

 

あなたの好みに合わせて使い分けて下さい。

⇒写真はこちら!

⇒写真はこちら!

⇒写真はこちら!

 

ここまでのポイントを抑えて、

今風のおしゃれコーデを決めてください!

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【実は間違ってる!?】男のワックスの付け方NG3選

⇒【2016年イチ押し】メンズクールビズはシンプルコーデがトレンド

⇒かわいいのがトレンド!メンズパーカーはこれを着ろ!

⇒ユニクロのメンズカットソーはタンクトップの重ね着が正解!

⇒バーベキューに男性が着ていく服装をはじめから丁寧に!

⇒【タンクトップの着こなし】成功例と失敗例を一挙紹介!

⇒【ユニクロのクールビズ】シャツもスラックスも完ぺきコーデ!

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ