メンズカーディガンを肩掛けでオシャレにコーデする方法

メンズカーディガン 肩掛け コーデ 画像

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

 

今までの記事ではカーディガンについて、

主に「着こなす方法」を解説してきました。

 

それこそ、インナーは何が合うか、

どんな色を着ていけば良いのか、

夏はどんなカーディガンが似合うのか、

 

オシャレに自信がない人でも

簡単にマネできるコーデを、

様々な視点から伝えてきました。

⇒ベージュのメンズカーディガンを

 誰でもオシャレに着こなすコーデ術!

⇒ピンクのカーディガンを男が

 失敗せず着こなすための3つのコツ!

⇒自信がなくても夏用のメンズ

 カーディガンオシャレに着こなせる方法!

 

ただし、今回の内容はカーディガンを

アクセサリー感覚で使います。

その分、難易度は上がります。

 

ですが、ポイントさえおさえてしまえば

誰でも活用できるコーデです。

これから、ポイントを解説していきます。

カーディガンを肩掛けにするには??

スポンサードリンク

まずは、こちらの写真を見て下さい。

⇒写真はこちら!

 

今回取り上げるのはこの人のように、

カーディガンを肩掛けで使うスタイルです。

 

 

テレビ局のプロデデューサーの様なこのスタイル。

「本当にオシャレなの?」と疑問に思う人もいますが、

オシャレなお店では店員さんが普通に勧めてきます。

 

最近流行のスタイルなので、

今コーデに取り入れれば流行を

先取りできていることになります。

 

ですが、カーディガンを肩掛けに使っている時点で、

オシャレに対して自信を持っているかの様に見えてしまいます。

 

それはそれでOKなのですが、

やり方を間違えるとものすごくダサく見えてしまいます。

 

まず、一番取り入れやすいのがこちらのコーデ。

⇒写真はこちら!

 

白のシャツやカットソーに

黒のカーディガンを肩にかけるコーデです。

こちらが一番シンプルですし、

ダサくなることもありません。

 

ただ、シンプルであるがゆえに

パッとしない印象にもつながり、

せっかく肩にかけているのに

目立たないで終わることもあります。

bb0848cdb3bf4ae98dc2f1a41d09344d_s

「もう少し派手にカーディガンを使いたい!」

そんな場合は以下のコーデが参考になります。

⇒写真はこちら!

 

ボーダーカットソーに

白のカーディガンを肩にかけます。

 

ボーダー自体が個性を放っていることに加えて、

白のカーディガンだと爽やかな印象を与えます。

 

その他、カーディガンの色に赤や青など

明るい色を使うケースもあるのですが、

カーディガンが目立ちすぎてしまうので

個人的にはオススメしません。

 

上級者向けのコーデになるので、

手を出さないのが無難ですね。

前で結ぶのがオシャレ!

白 カーディガン 男 コーデ 画像

さて、カーディガンを肩にかけるコーデですが、

今までの写真で見て来た様に、

必ずカーディガンを前で結んで下さい。

 

結ばずにだらんと伸ばした状態では、

何がしたいのかわからずに

マイナスな印象へとつながります。

 

1回結ぶことでオシャレコーデとして

取り入れることができます。

⇒ダサくてもオシャレになれる!
「笑われ…」「フラれ…」 ユウキがオシャレになるまでの道のりを見てみる

 

とはいえ、ここまで紹介して来たコーデは、

カーディガンの寿命を縮めることにもなります。

 

本来の使い方とは違うわけですから、

袖が伸びたりすることもありますよね。

 

その点は十分に理解した上で、

コーデに取り入れてみて下さい!

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ