古着の臭いを自宅で取る【本当に効果のある】2つの方法を解説!

古着 臭い 取る 方法 画像

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

今日は古着に注目していきます。

 

ビンテージものが見つかるかもしれない。

独特の使用感がコーディネートに

アクセントを与えるかもしれない。

 

私も古着は大好きで、数年前までは

月1で古着屋さんを巡る日を作り、

精力的に古着を買いあさっていました。

 

なかにはブックオフの

古着コーナーに行ったこともあり、

相当古着にはこだわっていましたね。

 

ただし、古着を買うと

ほぼ必ず悩むのが「臭い」です。

何というか、あの独特の臭さ

残っているんですよね。

 

気にならずに着てしまう人もいるのですが、

洗濯を繰り返しただけでは全然臭いが

落ちずに悩むことも結構あります。

 

私も当初はこの臭いに悩まされ、

店員さんにも聞きながら臭いを

落とす方法を試していきました。

 

もちろん中には臭いがとれなかったりと

失敗した方法もあります。

 

ですが、今回の記事で紹介する

2つの方法を使ったところ、

気にならないくらいに臭いを

落とすことができました。

 

そこでこの記事では

本当に効果のある2つの方法を解説します。

方法1:お湯に1日つける

cropped-fa5f3f1ce97063c07e98195890f876fa.jpg

お風呂で使うおけでも

バケツでも何でも良いです。

そこに古着を入れて

40度くらいのお湯を張るのです。

 

このまま1日、ひたすらつけておきます。

これだけで臭いが一気になくなります。

 

この方法をやるポイントは2つあります。

1つが「お湯が冷めたら取り換えること」

 

「お湯」であることがポイントなので、

1日に4〜5回、粘り強く取り換えましょう。

 

2つ目のポイントが「洗剤を入れること」

市販の洗剤、あるいは重曹で構いません。

お湯と一緒に入れておいてください。

 

特にかきまぜたりする必要はありません。

一緒に入れておくだけで十分です。

 

可能ならば普通の洗剤よりも

「ハイター」を使うのをオススメします。

ハイターの威力は強烈ですよ。

 

もちろん、1日お湯につけた後は、

普通に洗濯をしてくださいね、

方法2:日光に当てて干し続ける

スポンサードリンク

古着は一度着られた服。

その後お店に並んでいる間は

日の光を浴びてません。

 

これが臭いの一因になっている

とも言われています。

 

そこで、ひたすら日中に干し続けるのです。

 

太陽に当てて、夜になったら取り込む。

これを繰り返しているだけでも、

結構な臭いは落ちていきます。

 

一番良いのが、1の方法を実践した後で

2を試すことです。

これで99%の臭いは消えてなくなります。

 

たまーに1度で消えない

ガンコな臭いもありますが、

これを2,3回繰り返すとすべての

臭いが消えてなくなります。

古着 洗濯 方法 画像

もちろん、クリーニングに出すのが

一番早いとは思います。

私もこの方法を試してみたのですが、

クリーニングをしても臭いが

完全に消えなかったのです。

 

わざわざお金を出して頼んだのに、

臭いが取れていなかった時のショックは

かなりのものがあります。

 

私としてはクリーニングよりも、

今回紹介した方法の方抜群に

効果を感じることができました。

 

あなたが臭いがとれずに悩んでいるなら、

間違いなく試してほしい方法の1つですね。

スポンサードリンク

★一緒に読みたいのはこちらの記事★

⇒古着の靴やスニーカーは洗ってもダメ!絶対買ってはいけない理由

⇒古着の靴やスニーカーで水虫は移るのか?

⇒長くオシャレに着こなす!古着の洗濯方法3か条を解説!

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ