太っていても大丈夫!スキニ―履くならココだけに注意!

スキニー 太ってる 画像

こんにちは、ユウキです。

今回はスキニーパンツについて

お伝えしていきます。

 

普通のデニムに比べて

タイトなサイズのスキニー。

 

デニムならダボダボ感を出して

オシャレアピールできますが、

スキニーはその正反対。

 

 

いかにタイトニ見せるかが

勝負の分かれ目になってきます。

スポンサードリンク

以前の記事でも紹介しましたが、

裾を折り返したりゆるゆるに

なっているスキニーはダサいです。

 

足のラインを強調するのがスキニーなので、

そこは絶対に外してはいけません。

 

◆スキニーについての記事はこちら!◆

⇒あなたも要注意!?スキニーが似合わない人の3つの特徴

⇒9月10月11月はこれで決まり!秋のメンズスキニーコーデ!

⇒きもい?きもくない?メンズスキニー3つの分かれ道

⇒誰でもマネできる!メンズスキニーとスニーカーのオシャレコーデ!

 

 

…と、ここまで紹介すると

「自分は太っててスキニー履けない…」

という声が必ず挙がります。

 

確かに、足を細く見せるスキニーにおいて、

そもそも足が太いのは致命傷です。

 

無理に履かずに足が目立たない

ズボンをオススメします。

 

ですが、太っているからといって、

絶対にスキニーが似合わない

というわけではありません。

 

あるポイントさえ満たしていれば、

体重に関係なく誰でもスキニーを

オシャレに履くことができます。

太っていない人も実はアウト?

スポンサードリンク

スキニーが似合うかどうかの分岐点。

それが「ふとももの太さ」です。

もうここにすべてが集約されます。

 

足を細く見せるスキニーにおいて、

ふとももが太いと強烈な印象を与えます。

 

パンパンに張ったふとももが強調され、

どう見てもオシャレには感じられません。

 

立っているときはまだ良いのですが、

座るとふとももが引き締められ・・・

履いている本人はもちろんですが、

周りの人も気を使ってしまうほどです。

 

裏を返せば、太っていたとしても

ふとももがそこまで太くなければ

スキニーは似合うのです。

 

8be5b584236f1c1943296befa2702767_s

 

そして…ふとももが太いのは、

決して体重だけの問題ではありません。

 

 

たとえば、スポーツをしている(た)人。

ふとももの筋肉を鍛え続けていれば、

それだけふとももは太くなりますよね?

 

野球選手やスピードスケートの選手は、

あまりに鍛えすぎて特注のズボンを

オーダーしているくらいです。

 

こうした人はスキニーパンツを、

買わずに避けることをオススメします。

rp_39b66ad322a78ca79a2051f28d37e199_s-300x200.jpg

私も中高とサッカーをやっていて、

他の人よりはふとももが太いです。

 

かつてはスキニーをはいていましたし、

似合わないわけではなかったのですが、

座ったときに圧迫される感じがあったので

履くのをやめました。

 

結局のところ、

ふとももの太さが一番重要です。

それ以外が太っていても、

スキニーはオシャレに履けます。

 

もしあなたが悩んでいるなら、

まずはふとももに注目して、

履けるかどうかを考えてみてください。

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

One Response to “太っていても大丈夫!スキニ―履くならココだけに注意!”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ