失敗しない!就活の証明写真でのスーツの色や柄は何が正解?

就活 証明写真 スーツ 色 柄 画像

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

 

就活における服装は個性を出すことよりも、

まずは失敗しないことが非常に大事です。

 

まだ働いていないわけですし

選考してもらう立場にいるわけです。

無難に、間違いないコーデを

していくことこそ求められています。

 

とはいえ、いざ就活が始まると慣れ、

自然と無難な服装が着こなせます。

 

ただし、うっかりやってしまうのが、

証明写真での服装です。

 

就活用の服装をそろえるまえに

証明写真をとるケースもあるため、

就活には似つかわしくない服を

着てしまうケースがあるのです。

 

また、明らかにマナー違反な

着こなし方をしてしまい、

写真だけで選考に落とされることも

決して珍しくないのです。

 

そこでこの記事では

証明写真時のマナーについて解説します。

黒以外のスーツはNG!

カーディガン 毛 抜ける 防ぐ 方法 画像

まず、スーツの色について。

これはもう、黒以外はNGです。

 

まだ就活用のスーツを買っておらず、

大学の入学式や成人式のスーツを

使う人もいますが、

黒以外の色であれば

120%NGだと考えてください。

⇒写真はこちら!

 

就活が始まれば黒以外の

スーツを使うことはありません。

就活と同じスタイルで証明写真を

とるのは大前提なんですよね。

 

同様に黒のスーツでも明らかに

柄がわかるものもNGです。

 

特にストライプがスーツに入っている場合、

証明写真に写らないのであれば

問題ないのですが、

写ってしまう場合は

マナー違反になります。

 

就活では無地に黒のスーツが鉄板。

これを忠実に守ることが重要になります。

スポンサードリンク

これはワイシャツも同じで

柄の入ったものではなく、

無地の白を使うようにしてください。

 

ネクタイにしても青や紺などの

地味目な色を選ぶのが無難です。

スーツを脱いでの撮影はNG!

rp_c194c66a0018099541a9b19d705e1101_s-300x199.jpg

そしてたまに質問されるのですが、

「証明写真を撮るときに

 スーツを脱いで良いか」

 

選考ではスーツを脱いで良い企業もあれば、

スーツ着用を義務付ける企業もあります。

 

対応が分かれている以上、

スーツを着るに越したことはありません。

 

スーツを着ていない、

ワイシャツだけの証明写真を見た時点で、

「この人、やる気ないな」と

選考から落とされるケースもあります。

 

スーツは着て証明写真を撮ってください。

 

 

ここまでの内容を守ってもらえたら、

まず問題ありません。

 

その他、長髪や染髪での撮影が

NGなのは言うまでもありません。

 

証明写真の撮影から就活は始まってる。

このことを認識してくださいね。

スポンサードリンク

◆就活関連記事はこちら!

⇒絶対お祈りメール?就活ワイシャツに

 ストライプがNGな3つの理由

⇒条件付きでOK!就活に半袖ワイシャツを

 着る方法を解説!

⇒気づかずやってしまうとアウト!

 就活のネクタイNG集を大公開!

⇒評価が下がる!?就活の靴のつま先が

 とがっているのはNG?

⇒アピール失敗も!?就活の赤ネクタイを

 使う企業・面接を解説!

⇒実は見られてます!就活で柄物の

 靴下をはいたらアウト!

⇒3分で解説!就活の靴下の色で

 失敗しないココダケの話

⇒選考に影響するの?クールビズでの

 就活ノーネクタイはOKか?

⇒実は差がつくポイント!夏の就活面接に

 私服で参加するコツとは!

⇒逆に迷惑に!?就活生にプレゼントする

 ネクタイの成功法則とは

⇒ダサくてもオシャレになれる!
「笑われ…」「フラれ…」 ユウキがオシャレになるまでの道のりを見てみる

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ