実は差がつくポイント!夏の就活面接に私服で参加するコツとは!

夏 就活 面接 私服 画像 

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

 

就活といえば、スーツ姿が一般的です。

でも、最近の就活では案内にこんなことが

書いてあるケースが珍しくないです。

 

「当日は私服でお越しください」

 

これ、就活生からすると

困ってしまいますよね?

 

私服とはいえ、

完全に遊びに行く服装はマズい。

スーツで行くのが無難だが、

それで良いものか…

 

人生で初めての就活ですし、

悩む気持ちはわかります。

 

確かに、スーツで行けば無難です。

 

現に説明会の時にこの案内が来たら、

私でも間違いなくスーツで行きますし、

周りも99%スーツで参加しています。

 

でも、これが

面接の案内となれば話は別です。

 

スーツで行っても良いのですが、

「なぜスーツで着たの?」と

突っ込まれた時に、

あなたは何て答えますか?

 

「私服で良いと事前に伝えたけど、

 あなたの私服はスーツなの?」

と聞かれた時、何て答えますか?

 

こうした質問をする企業もあります。

この記事では面接に私服で

着てよいと案内を受けた時に、

どんな服装で行けば良いか解説します。

 

これさえ押さえてもらえれば、

失敗することはないでしょう。

大事なのは「理由を語れること」

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_m

先ほどもお伝えしましたが、

大事なのは「理由を語れること」です。

 

 

スーツで参加して

面接官から質問された時に、

自分なりに理由を伝えることが

できればOKなのです。

 

とはいえ個人的には、

面接で私服OKなら私服で行くべきですし、

その方がアピールにはつながります。

 

ただ、私服とはいえ、

仕事で着て来ても恥ずかしくない

服装であることが絶対条件です。

 

たとえば以下の写真であれば、

社会人としても十分に通用します。

⇒写真はこちら!

 

もちろん、そこまで服装に

お金はかけられないでしょうから、

この服装を再現するのは無理があります。

 

でも、これだけで十分な

イメージはつかめますよね。

スポンサードリンク

さらに就活は夏に本番を迎えます。

その意味ではネクタイをして暑苦しい格好で

行くのもマイナスです。

 

理想は以下の写真の様に、

さわやかな印象を出せる服装

オススメです。

⇒写真はこちら!

 

上の服はチェックやストライプ、

あるいは無地のシャツ。

色は白や水色などの

さわやかなものだと良いでしょう。

 

ズボンはチノパンやクロップドパンツ

色はベージュとグレーが無難ですね。

 

実際、こうした服装で

仕事をしている人は普通にいますし、

社外パーティーやBBQなどのイベントに

着ていく分にも適しています。

 

すらっと私服を着こなして面接に行けば、

その分プラスの印象を与えれますよ!

スポンサードリンク

★就活関連記事はこちら★

⇒アピール失敗も!?就活の赤ネクタイを

 使う企業・面接を解説!

⇒絶対お祈りメール?就活ワイシャツに

 ストライプがNGな3つの理由

⇒条件付きでOK!就活に

 半袖ワイシャツを着る方法を解説!

⇒気づかずやってしまうとアウト!

 就活のネクタイNG集を大公開!

⇒評価が下がる!?就活の靴のつま先が

 とがっているのはNG?

⇒実は見られてます!就活で柄物の

 靴下をはいたらアウト!

⇒失敗しない!就活の証明写真での

 スーツの色や柄は何が正解?

⇒選考に影響するの?クールビズでの就活ノーネクタイはOKか?

 

⇒逆に迷惑に!?就活生にプレゼントする

 ネクタイの成功法則とは

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ