【赤いカーディガンのメンズコーデ】誰もが失敗しないポイント

赤 カーディガン コーデ 画像

こんにちは、ユウキです。

 

今回は赤いカーディガンを

男性が着こなすテクニック。

これを解説していきます。

 

これまで、どんなにオシャレに

自信がない人であっても、

オシャレにカーディガンを

着こなす方法を解説してきました。

⇒100%失敗しない!白のカーディガンを

 男がオシャレに着こなす!

 

基本的にはシンプルに

落ち着いたカラーのカーディガンが

一番着こなしやすいので

オススメしてきたわけですが、

明るめのカラーを取り入れたい

考える人もいるでしょう。

 

以前には青や水色のカーディガンを

上手に着こなす方法もお伝えしましたね。

⇒実はダサい?青のメンズカーディガンで

 失敗しないオシャレコーデ術!

⇒実はダサい?水色のメンズカーディガンを

 オシャレに着こなす法則!

 

そこで今回は赤いカーディガンに注目をしていきます。

 

赤といえば色が派手でキツすぎて、

コーデに取り入れるのが難しいイメージがあります。

 

私もオシャレ初心者だった頃は、

何も考えずに着てしまって、

明らかに浮いてしまいました(笑)

 

ですがカーディガンにおいてはそこまで激しい色ではなく、

比較的柔らかめの色合いの赤も存在するのです。

 

合わせ方さえ知ってしまえば

コーデも難しくありません。

 

一緒に、絶対にハズさないコーデを見ていきましょう。

赤カーディガンの定番は白インナーだけど…

スポンサードリンク

まず、インナーの定番はです。

これは赤いカーディガンでも一緒ですね。

 

白のカーディガンで落ち着かせることで、

赤をしっかり目立たせてくれます。

⇒写真はこちら!

⇒写真はこちら!

 

ただし、何でもかんでも白だけを合わせるのは、

どこかワンパターンな印象を与えてしまいます。

 

赤いカーディガンは実は

ものすごいポテンシャルを持っており、

白以外のインナーでも十分に着こなせてしまうのです。

rp_e42a7327e2d98ae72b1df61d8e5e3881_s-300x200.jpg

例えば

赤以上に主張する色で、

思わずインナーに目がいってしまいますが、

赤もかなり主張する色なので

お互いのバランスがとれてしまうんです。

⇒写真はこちら!

 

あるいは青や水色。

こちらはカットソーなどのインナーというよりは、

シャツとして合わせることでオシャレ感が増してきますね。

⇒写真はこちら!

赤カーディガンに合わせるズボンは黒!

スポンサードリンク

赤のカーディガンに合わせるズボンですが、

個人的には黒がオススメです。

 

カーディガン自体が派手な印象を与えるので、

黒のズボンをはいて全体をキュッと引き締めます。

 

しかも色彩心理の分野でも、

赤と黒の相性は抜群に良いと言われていますからね。

 

あるいは、限りなく黒に近い色のデニム。

これもオススメですね。

⇒写真はこちら!

 

ベージュやグレーのパンツも

合わせられないことはないのですが、

オシャレに自信がない人はまず黒から攻めて下さい。

 

基本、黒のズボンにハズレはありませんからね。

 

ここまで紹介したポイントさえ守れば、

どんな人でもオシャレに

赤いカーディガンを着こなせます。

ぜひ、積極的にコーデに取り入れてみてくださいね!

 

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ