【絶対失敗しない入社式の服装】ネクタイの色と柄はこれで完ぺき

入社式 服装 ネクタイ 色 柄 画像

 

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

今日は入社式に注目します。

 

別の記事でも紹介しましたが、

入社式はほぼ一生に一度。

それだけ身だしなみも気になります。

 

失敗すると定年まで響く。

これはあながち嘘ではありません。

入念にリサーチするに越したことはありません。

 

では、今日はネクタイに注目します。

ネクタイは男性のアピールポイント!

rp_703c8e5bb2595a0fb1e8d7ccd6257bb6_s-300x200.jpg

社会人になると痛感するのですが、

女性以上に男性は服の縛りがキツい。

スーツを強要される雰囲気ですし、

服装の自由なんてありません。

 

スーツの色を変えるのも手ですが、

業界や社風によってはNGです。

 

そんな中でネクタイだけは、

どんな人でも自分をアピールできます。

 

仕事ができるかどうか、

あるいはオシャレ社会人かどうか、

これはネクタイでほぼ決まります。

若い頃からでもアンテナを立て、

ネクタイを吟味するのが一番です。

入社式は別!

スポンサードリンク

とはいえ、ここまでの話は

入社式とは関係ありません。

入社式にオシャレネクタイをつければ

間違いなく浮いてしまいます。

 

まだ働いたことのない。

いわば学生の延長線上にいる。

他の社員からはこう見えます。

 

それなのに個性的なネクタイをつければ、

「何か変ね」と浮いてしまいます。

 

まだ仕事をしていないにも関わらず、

仕事以外の評価がついてしまう。

自分で自分の首を絞める必要はありません。

就活時のネクタイがベスト!

就活 ワイシャツ 半袖 画像

その意味で就活時のネクタイ。

これをオススメします。

 

就活でつけていたなら、

仕事においてもマナーを守れています。

 

「入社式だからこそ!」

気合いを入れたい気持ちはわかりますが、

まずは無難に乗り切るのが大事です。

 

その後の評価は職場でつきます。

配属前にマイナス評価をもらう

必要はないんですよね。

 

そして入社式においては、

実は服装はほぼ見られていません。

 

マイナスの意味で浮いてしまえば

印象に残りますが、

プラスの印象はほぼ忘れられます。

 

無難なネクタイが一番。

その後の仕事にも影響がありません。

赤は意外と引く!?

スキニー 似合う 靴 画像

そして最終面接でやりがちなのが

赤のネクタイを身につけること。

やる気アピールには効果的ですよね。

 

もちろん入社式でつけても問題はありません。

ただ、これは評価が別れる所です。

 

「何か熱苦しいな…」

「痛いな…」

こんな目線で見られてしまうと、

間違いなく引かれています。

 

その後の仕事にも影響が出るので、

個人的にはオススメしません。

 

青系や紺系などの落ち着いた色。

目立ちませんが無難な色です。

これらをオススメします。

 

また、ストライプやチェック柄のネクタイ。

これはアリです。

 

もはや定番デザインになっているので、浮かずに見られますよ。

 

ここまでの内容を抑えた上で、

あくまで無難に着こなしてください!

 

入社式はアピールするのではなく、

無難に乗り切るのが超重要ですよ!

スポンサードリンク

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【ここで失敗すれば定年まで引きずる】入社式の男性の服装はこれ!

⇒実際に着てみた!ユニクロのワイシャツのリアルな評判を激白!

⇒パンツも靴下も忘れた!出張で下着を忘れた時の即効解決策!

⇒【評価に影響も】入社式にグレーのスーツはアリ?ナシ?

⇒【この時期が境目】新入社員はリクルートスーツをいつまで着るのか?

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ