【これでオシャレに長持ち!】古着のtシャツの選び方3か条

古着 tシャツ 選び方 画像

こんにちは、ユウキです。

今日は古着のTシャツについて

解説していきます。

 

私が古着にハマり始めて、

最初に手に付けたのが

Tシャツやカットソーです

※この記事ではまとめて

 「Tシャツ」と呼びます。

 

アウターやズボンほど

高額ではないですし、

失敗してもショックが

少なかったこともあり、

手を出しやすかったのでしょうね。

 

良い感じの使用感があったりと、

古着の良さを知る上ではオススメです。

 

ただし、Tシャツを買う上でも

注意点がいくつかあります。

私は最初の頃、その注意点を

知らなかったばかりに、

失敗を繰り返してしまっていました。

 

この記事では私の失敗談も踏まえ、

Tシャツを古着で買う時の

注意点について解説していきます。

その1:全体的に伸びていないか

スポンサードリンク

特に生地が薄いカットソーでは、

せっかく買ったのに全体的に

伸びているかもしれません。

 

伸びていればいるほど、

服の寿命は短いということ。

 

「古着=使用感」だと

最初の頃は思い込んでいた私は、

特にヨレていても気にせず

購入して悲惨な目にあってきました。

 

理想はTシャツにしても

生地の厚いものを買うことです。

 

 

生地の薄いものはそれだけ早く

ダメになるリスクを抱えています。

 

 

チャンピオンやアディダス

などのブランドもののTシャツは、

生地も暑く古着でも十分着れたことが

多いのでオススメですね。

その2:首回りはヨレていないか

スポンサードリンク

Tシャツを選ぶ上で

首回りチェックは外せません。

 

首回りがヨレていれば、

その分寿命は短くなります。

 

特に古着の場合、お店で何年も

ハンガーにかかったままのこともあります。

 

ハンガーにかかっていれば

その分伸びる可能性がありますし、

そこは注意して見ていくべきです。

 

理想はお店でたたんである

Tシャツを買うことです。

 

もちろん、首回りのチェックは

忘れてはいけません。

 

新品ほどでなくとも

弾力がない状態のTシャツでは、

数回来ただけでダメになることも

十分に考えられますからね。

その3:裾のほつれは大丈夫か

青 メンズ テーラードジャケット 着こなし コーデ 画像

意外に見落としがちなのが裾です。

すでに敗れてたりほつれてたり、

毛玉ができていれば寿命は短いです。

 

古着屋さんの中には

裾の状態が悪いにも関わらず、

平気で店頭に商品を

並べていることだってあります。

 

買ってしまえば返品不可のお店も多いですし、

買う前に必ずチェックする必要があります。

11月 ディズニー 服装 男 画像

3つのポイントをおさえてもらえば、

Tシャツで古着を失敗せずに買えます。

 

そこまで難しいポイントではなく、

シンプルなポイントばかり。

 

店頭では忘れてしまうこともあるので、

買う前には今回紹介したポイントを

改めて思い出してみてくださいね!

スポンサードリンク

★合わせて読みたい記事はコチラ★

⇒古着の臭いを自宅で取る「本当に効果のある」

 2つの方法を解説!

⇒古着の靴やスニーカーで水虫は移るのか?

⇒長くオシャレに着こなす!

 古着の洗濯方法3か条を解説!

⇒古着の靴やスニーカーは洗ってもダメ!

 絶対買ってはいけない理由

管理人厳選!関連記事はこれだ!

One Response to “【これでオシャレに長持ち!】古着のtシャツの選び方3か条”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ