【長くオシャレに着こなす】古着の洗濯方法3か条を解説!

古着 洗濯 方法 画像

こんにちは、ユウキです。

今回は古着の洗濯方法について

解説していきます。

 

古着は独特の使用感があるため、

日々のコーデに新たなアクセントを

与えてくれます。

 

特にアウターについては古着の風合いが

かえってオシャレになったりして、

古着だけを狙ってお店へ通う

強者もいるくらいです。

スポンサードリンク

その一方で気になる悩みが洗濯方法です。

服は着れば着るほど伸びていきますし、

こればっかりは防ぐことができません。

 

古着ともなれば、前に着ていた人が

どれくらい使っていたか。

これに関してはまったくわかりません。

 

私の過去の経験では、3回着て

ダメになったシャツもありましたね。

 

適切な洗濯方法をとることで、

古着の寿命を長持ちさせられます。

 

そこでこの記事では古着の洗濯をする上で、

絶対に失敗しない3つの方法を解説します。

 

ちなみに、古着特有の臭いを

とる方法については、

以前この記事で詳しく解説したので

参照してください。

⇒古着の臭いを自宅で取る

 「本当に効果のある」2つの方法を解説!

其の1:できる限り全部ネットに入れる

スーツ カットソー 着こなし 画像

まずネット。

次にネット。

とにかくネットです。

 

ジャケット等のアウターは

難しいかもしれませんが、

それでもできるならどんな服も

ネットに入れた方が良いです。

 

特にインナーのカットソー等を買った場合、

買った時点で首回りがヨレている

様なものもあります。

 

できればこうした服は避けたいですが、

裏を返せば古着のインナーは

首元が特にヨレやすいのです。

これを防ぐにはネットで洗うことです。

其の2:単独で洗う

スポンサードリンク

他の洗濯物と一緒に洗ってしまうと、

絡まったりして結局は伸びてしまいます。

 

たとえネットに入れていても、

一緒よりは単独で洗った方が良いです。

 

「1枚のためだけに洗濯機を回すのか…」

ためらう気持ちもわかりますが、

これくらいしないと古着はすぐに

ダメになってしまいます。

 

また、古着単独で洗えば特有の臭いが

他の服に移るのを防げます。

まさに一石二鳥なんですよね。

 

ちなみに、洗濯機を回さずに

手洗いする方法もあるのですが、

力加減が難しいので私としては

オススメしていません。

 

あくまでも洗濯機を使ってみてください。

其の3:ハンガーは服の中から入れる

ハンガー1

意外と多くの人がやってしまうのですが、

上着を干す時のハンガーは

「服の中から」入れてください。

 

間違っても外から入れないくださいね。

外から入れればその分、

首回りがヨレると思ってください。

 

これは新品の服にも言えることですが、

古着でミスをしてしまうのは致命的です。

すぐにヨレてしまって

着れなくなってしまいますよ。

ハンガー2

ここまでの3つのポイントを押さえれば、

古着の洗濯方法は間違いなしです。

ぜひ、試してみて下さいね!

 

スポンサードリンク

★こんな記事もオススメ!

⇒古着の靴やスニーカーで

 水虫は移るのか?疑問に回答!

⇒首や袖がヨレヨレにならない

 カットソーの洗い方を解説!

⇒伸びたカーディガンの袖を

 キレイに元に戻す3つの方法

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ