100%失敗しない!白のカーディガンを男がオシャレに着こなす!

白 カーディガン 男 コーデ 画像

スポンサードリンク

こんにちは、ユウキです。

 

以前から何度も取り上げたカーディガン。

1年中着回せるアイテムですし、

需要は高いんですよね。

⇒100%失敗しないメンズカーディガンの

 インナー着こなし法を解説!

⇒ダサくてもオシャレになれる!
「笑われ…」「フラれ…」 ユウキがオシャレになるまでの道のりを見てみる

 

そんな中でも、今回取り上げるのは白のカーディガンです。

1つ間違えばクマさん!?

スキニー 似合わない 画像

白という色はインナーに取り入れるには最適で、

カーディガンを白にして上から羽織ったりもできます。

⇒女子ウケ間違いなし!

 メンズカーディガンのおしゃれ着こなし法

 

ただし、白という色はどこか

ふっくら見えてしまう色でもあります。

この辺りはベージュのカーディガンも

同じ特性を持っているのですが、

白の方がより傾向は強いですね。

⇒ベージュのメンズカーディガンを

 誰でもオシャレに着こなすコーデ術!

 

ですので、サイズはできる限りジャストで、

ふっくら見えない様な工夫が必要になってきます。

 

また、合わせ方を間違えると

せっかくオシャレな組み合わせでも、

どこかクマさんの様にふっくら見えてしまいます。

 

「何か太ってるね…」と

女子ウケとしては今イチですし、

この失敗だけは避けたい所です。

rp_803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s-300x200.jpg

絶対NGなのは暖色の組み合わせ!

まずNGなのは暖色の組み合わせです。

 

ベージュや赤、ブラウンやカーキ等のインナーは、

白と組み合わさると太って見えてしまいます。

 

同様にズボンも薄めの色よりは

濃いめの色が正解です。

 

たとえばカーキのズボンでも

これくらいの濃さなら十分似合います。

⇒写真はこちら!

 

ただし、この写真のコーデは

上にピンクのシャツを着込んでいます。

 

暖色の組み合わせですので

あまりオススメはしませんが、

この人の場合は少し濃いめの

ピンクを選んでいるので、

何とかまとまっている印象です。

 

理想としては、インナーには

引き締める色がベストです。

 

たとえば以下の写真は

黒のシャツを着ています。

 

これだと太って見えずに、

スタイリッシュなコーデになっています。

⇒写真はこちら!

 

あるいはこちらの写真では、

アウターも黒にしていますね。

 

男性らしさ全開の

黒コーデの中に白のカーディガン。

柔らかさも感じますし、

オシャレ度はかなり高いです。

スポンサードリンク

また、学校の制服の下に

白のカーディガンを着ている人もいますが、

これも黒と白の組み合わせなら大正解です。

⇒写真はこちら!

 

あるいは、いっそのこと

インナーをほとんど見せずに、

カーディガンのボタンを

すべて締めてしまうのも手です。

 

これはこれでオシャレな

雰囲気も出せますし、

インナーで悩んでしまう

くらいなら締めるのもアリですね。

⇒写真はこちら!

 

ここまで白のカーディガンに注目してきましたが、

まとめると、「どう引き締められるか」です。

 

上手く全体として引き締まった雰囲気にならないと、

クマさんの様なふっくらしたイメージになります。

 

それで良いなら構わないのですが、

もっとオシャレに着こなしたいのであれば、

今回の内容を少しずつ取り入れてみて下さいね。

スポンサードリンク

管理人厳選!関連記事はこれだ!

2 Responses to “100%失敗しない!白のカーディガンを男がオシャレに着こなす!”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ