【タイ旅行の服装はココに注意!】3分で解説

タイ 旅行 服装 画像

こんにちは、ユウキです。

 

以前、同じ東南アジアに属する

シンガポールの服装について、

以下の記事で解説しました。

⇒意外に多くの服が必要!?シンガポール旅行の落とし穴!

 

今回は、私が数年前に訪れた

タイを取り上げるのですが、

ここで大事になってくるのが「安全」です。

 

シンガポールに比べると、タイは危険です。

 

ここ数年でテロや爆破事件も起きており、

私が訪れた時も都心部で抗議デモが行われていました。

 

タイという国自体は本当に魅力的ですし、

観光スポットもおいしい食事も目白押し。

 

ただ、服装についても注意しないと、

危険な事件に巻き込まれてしまうこともあります。

 

この記事ではタイへ旅行するオススメ

ファッションを紹介するとともに、

安全面にも配慮した服装を解説します。

【タイ旅行の服装雨季に注意!

スポンサードリンク

まず、あなたがタイへ旅行に

行く時期を確認しましょう。

 

こちらの記事にもまとめられていますが、

タイは1年を通して非常に暑いです。

それこそ、平均30度を超えることもある。

 

もちろん日本でも夏場は暑いのですが、

タイの場合はそれが1年中、

しかも夜まで続いているイメージです。

 

こちらは4月のバンコクの日中の写真ですが、ほとんどの人が半袖を着てますね。

⇒写真はこちら!

 

基本的には半袖のカットソーやシャツ、

そして室

スポンサードリンク

内の冷房対策にカーディガンが

1枚あれば十分です。

 

⇒空港のユニクロで買っても間に合う!

 ユニクロのメンズカットソーの失敗しないコーデ術を解説!

⇒もう透けない!白カットソーから乳首の露出を避ける方法を解説!

⇒半袖のメンズカーディガンが誰でもオシャレに着こなせるコーデ法!

 

ズボンも長い丈のものだけでなく、

半ズボンが必須になってきます。

 

ただ、注意してほしいのが雨季です。

 

タイでは6月〜10月までが雨季になるので、

相当の雨が降ってきます。

 

また湿度も非常に高いので、1日を通して

汗をびっしょりかくことが予想されます。

 

1日に2回着替えをするくらい、

大目に服は持っておくのが良いでしょう。

修学旅行 ディズニー 服 画像

【タイ旅行の服装安全対策は服装から

最後に安全対策です。

 

決して危険な国とではないのですが、

最近の情勢を踏まえると、

観光客であっても危険が伴うでしょう。

 

危険な地域に行かない様に

することはもちろんなのですが、

それ以上にラフすぎる服を

着ないことをオススメします。

 

半袖半ズボンでもOKなのですが、

あまりにも露出度が高い服装、

あるいはプリントTシャツはNGです。

 

プリントTシャツに英字で

表記がなされている場合、

悪意がなくても現地の人を

刺激してしまう可能性があります。

 

また、サンダルやクロックスなどは

格好のターゲットにされやすいです。

 

もしカバンを奪われたとしても、

全力で追いかけられないですからね。

 

自分の身は自分で守る。

 

海外旅行の時には特に強く

意識を持たなければいけませんし、

最近のタイ情勢を考えるとなおさらです。

bb0848cdb3bf4ae98dc2f1a41d09344d_s

ただ、ここまでの内容を踏まえて服を

準備してもらえれば安心ですので、

記事の内容を何度も読み返してください。

スポンサードリンク

そして、タイ旅行の

オススメスポットについては

こちらのサイトにまとめられてます。

 

私も行く前は参考にしましたし、

結構穴場を紹介しているんですよね。

こちらのサイトも一緒に

チェックしてみてください!

⇒ダサくてもオシャレになれる!
「笑われ…」「フラれ…」 ユウキがオシャレになるまでの道のりを見てみる

管理人厳選!関連記事はこれだ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ