Episode4:究極のメンズファッション100本ノックを経て

 

こんにちは、ユウキです。

 

 

大学1年生の時、3ヶ月で別れた彼女との経験がキッカケとなり、

徹底的にオシャレになることを決めました。

 

 

スポンサードリンク

 

とはいえ、何からしていいかわからない。

そんな中で私が思いついたのが、

 

 

「とにかく店員さんに聞く」

「ファッション雑誌を読む」

 

 

この2つです。

 

 

授業でも何でも、勉強しないと何もわかりません。

今までオシャレの勉強をして来なかった私は、

大学2年生になろうかという頃に、1から勉強をすることにしました。

 

 

私は何もわかりません。

今からそれを隠したってしょうがない。

 

何もわからないことを素直に打ち明け、

店員さんに話を聞いて回りました。

 

スポンサードリンク

 

 

「この服に合うズボンは何ですか?」

「私の身長や体重だと何が似合いますか?」

「ベージュとブラックならどっちが良いですか?」

 

 

何から何まで、ひたすら聞き続けました。

 

時には店内に置いてあったスナップ写真を持って来て、

「こんなコーデにするにはどうしたら良いか」も聞きました。

 

 

結果的に、大学2年生の間に100店のお店を訪れました。

 

 

 

それだけじゃありません。

 

メンズファッション雑誌を片っ端から読みあさり、

自分に合いそうなスナップ写真をためていきました。

 

また、ファッション雑誌がやっている通販サイトもチェックし、

実際に商品を購入して試しても見ました。

 

 

野球で言うなら100本ノック。

楽しさよりも練習している感覚でした。

 

 

そして大学3年生になって…

 

自分で言うのも恥ずかしいのですが、

オシャレに自分なりの服を着こなせる様になりました。

 

 

男女問わず「似合ってる」「オシャレだね」「どこで買ったの?」

と声をかけ手もらえる様になりました。

 

その後に付き合った彼女からは、

「この服がものすごく好きだから毎回着て欲しい!」とも言ってもらえました。

 

 

 

そして何より、私がオシャレに自信を持て、

誰といても自分を抑えることがなくなりました。

 

 

スポンサードリンク

 

マイナスのスタート。

究極的にダサかった。

 

そんな私でも、人並み以上にオシャレになることができた。

だからこそ、このサイトを立ち上げました。

 

 

私と同じ様にオシャレに悩んでいる人の役に立ちたい。

もっとオシャレになりたい人の役に立ちたい。

 

メンズファッションをはじめから丁寧に、

私がつまづいた部分も含めてじっくり伝えていきたい。

 

これが私の想いです。

 

 

 66cf48d9bc8adaa96ed6029828b93c21_s

 

 

このサイトを読んで少しでもオシャレになってもらえたら、

そしてオシャレに興味を持ってもらえたら本当に嬉しいです。

 

これからも、よろしくお願いします!

 

ユウキ

 

⇒【Episode3:「彼女はアイドル!?」オシャレに生きることを決めた日】へ戻る

⇒【序章】~「ダサい」と笑われたユウキがオシャレになるまでのプロセス~】へ戻る

管理人厳選!関連記事はこれだ!

One Response to “Episode4:究極のメンズファッション100本ノックを経て”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ